一味違ったアイテムが欲しいならイムラ封筒で調達しよう

インク

透明で丈夫な封筒

ポリ袋

厚さで変わる高級感

OPPとは二軸延伸ポリプロピレンの略称で、ポリプロピレンというプラスチックマテリアルを縦・横の二方向に限界まで引き伸ばしたフィルムです。とても頑丈で軽量、表面には印刷も可能でしかも透明性に優れるため、包装材や袋の素材として広く活用されています。そしてこのOPPを使った袋や封筒はOPP袋と呼ばれ、配布書類を封入する用途に使われたりダイレクトメールの封筒として使用されたりなどこれまた幅広い用途で活躍しているのです。OPP袋は表面が丈夫で破れにくく水気も通さないため、中身を保護する機能がとても高いからです。特にダイレクトメールの場合、OPP袋には中身が見えることから顧客に安心感を与えやすいというメリットがあります。表面のプリントで個性を出しやすい点も利点であり、中のチラシのデザインと合わせることで他の業者との差別化も図ることができます。このようにとても便利なOPP袋ですが、価格の方はフィルムの厚さによってある程度変動します。厚くなるほど表面の手触りも良くなり強度自体も増しますが、その分は多少とはいえ価格に反映される事になるのです。用途に応じて、ニーズに合ったものを選ぶのがよいでしょう。A4サイズの例でいえば、標準クラスの厚さ30ミクロンの場合1000枚あたりおよそ3000円前後というのがOPP袋の価格相場になります。高級感のある40ミクロンのものであれば3500〜4500円程度が標準の相場です。逆に、コストを安くできる薄型の25ミクロンは2800円前後が一般的な価格となります。